竹を材料にして人形を作ることが得意。人形でも人形以外のインテリア雑貨でも無いというなら作ってしまおう、そんな職人たちが集まる越前竹人形の里の日常や出来事を写真を添えて書いています。

2017年5月25日

日本の郷土玩具民芸カードゲーム 

こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
昨日から久しぶりに雨が降り蛙が元気に鳴いていました。湿度が梅雨の訪れを予感させます。


て、民芸召喚!と題して
47都道府県の郷土玩具たちがカードゲームになって5月14日に新発売。
民芸たちが戦う?勢ぞろいするだけでもミラクルなのに。
箱を開けると、


カラフルandキュート!なカードが。そしてサイコロと遊び方ガイド。

コンピューターを使わない、テーブルで遊ぶアナログゲームは
パソコン画面から離れてワイワイと遊べて、目も肩も疲れないし良いですね。

民芸コレクターじゃなくてもとにかく可愛い、独特のカラーとスタイルの民芸たちの姿。各地域の文化や思想がギュッ~と詰まっているのでネーミングも珍しく、ゲームを楽しむ前に1枚1枚じっくりと見入ってしまいます。特殊能力を駆使して戦う武器がポップでウケる~っと思うはず。

福井の郷土玩具として、越前竹人形も参加させて頂いております。


これが越前竹人形カードです。
「なかよし」という人形。彼女は、ワンコと遊ぶほんわか癒しキャラなのですが

   ※能力=「仲よしが一番。」
        全てのマークのパワー7の民芸に攻撃でき、必ず勝つ。

・・・なんのこっちゃ。。? (これを読んだだけではね;;)

でしょうが見た目は癒し、能力はパワーMAX。手札を使って高得点を先に獲得した方が勝ち、上手く使ってやってください。ちなみにプレイ方法は動画のほうが分かるかも。


おっと、阿波踊り竹人形さんもいらっしゃいました。徳島県の同業者さん。
こちらは同じく竹を材料に人形作りをされています。竹人形同士、たまに一括りにされちゃいます。こちらは阿波踊り人形しか製作されないので越前竹人形とはコンセプトが違うんですよね。知っておいて頂けると幸いです。


すでに初回発売分は完売。大人気でございます。
次回発売は7月です。
公式サイトは「妄想工作所」さま →  https://mousou.base.ec/