竹を材料にして人形を作ることが得意。人形でも人形以外のインテリア雑貨でも無いというなら作ってしまおう、そんな職人たちが集まる越前竹人形の里の日常や出来事を写真を添えて書いています。

2015年5月29日

竹人形作りに挑戦!【制作体験】

越前竹人形の里は、”見る・買う・味わう” の他に、”体験する” ことも出来ます。
この度、制作体験メニューの内容をリニューアルしました!ので、詳細を以下にまとめてみました。


越前竹人形の里 制作体験工房
こちらは工作室。
木製の机には彫刻刀で削られた後が所々あり、旅の思い出も一緒に刻み込まれているようなレトロ感を醸し出しています。

さて、 「ペン立て」 を作っていきます。体験中のグループにご了承を得、特別に撮影させて頂きました。作り方を確認しながら、人形の首の角度や位置などを考えつつボンドでくっつけたり、

越前竹人形の里 製作体験

お気に入りの模様をカラフルペンで書いたり、と簡単な体験なので小さいお子様も大丈夫。

越前竹人形の里 製作体験

次第に集中して会話が少なくなるほど夢中になったり。

越前竹人形の里 製作体験3

こちらが完成品。 未年に合わせて可愛いオリジナルのpen立てができました!



制作体験メニューは、5種類あります。
  • 竹とんぼ   ¥300円(税込)  制作に約20分
  • 雪ん子    ¥700円(税込)  制作に約20分+乾燥15分
  • pen立て   ¥800円(税込)  制作に約20分+乾燥15分
  • 干支各種   ¥1,000円(税込)  制作に約30分+乾燥15分
  • 雛人形    ¥1,400円(税込)  制作に約30分+乾燥15分  

「干支各種」と「雛人形」は材料に細かいパーツが含まれますので、上級者向けです。
竹とんぼのみ刃物を使います小さいお子様は保護者様の付き添いが必要です。

    越前竹人形の里 竹細工 体験

    制作体験や工房の場所は、  →→ こちらの館内図をご参考に 。 

    体験は1名様から可能です。開始時間は決まっていませんので挑戦したい!と思ったらお気軽にスタッフへお声かけ下さい。ただし、混み合っている時はお待ちいただくか、場合によってはお断りさせていただく事がございますので事前のご予約をお勧めしております。


    10名以上の団体様はお席確保のため、予めご予約が必要です。


    ※竹とんぼの色は変更になる場合があります。

    ※12種類の干支はお好きなものを自由に選んで頂けます。
    ※ペン立て、雪ん子、干支各種、ひな人形はボンドを使いますので完成後、乾燥器に入れて乾燥します。


    リニューアル後も楽しい時間を過ごして頂けますようスタッフ一同、オリジナルな製作体験と空間をご提供していきたいと思いますので今度ともよろしくお願い申し上げます。


    2015年5月10日

    一筆啓上 火の用心



    戦国時代に書かれた名文を1つご紹介します。

    ”一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ”

    火事にならぬよう火の元に気を付ける事、息子のお仙が立派な人物になるようしっかり教育し、いつでも(戦地で)馬が使えるように世話を頼む、という内容です。
    徳川家康の家臣、本多重次が妻にあてた手紙。気が荒くて恐れられた本多ですが、戦いの陣中から妻へ宛てた文には家族を想い敬う知的な旦那様の姿があります。この時代から”火の用心”という言葉はあったのですね。

    今は、インターネットや携帯電話の普及によりmailで送る事が多くなり紙に書いた手紙を送ることは少なくなりましたが、家族や友人知人を想い敬う気持ちは平成の時代も変化はありません。
    短い言葉で想いを伝えた本多重次の名文に続けとばかりに毎年、坂井市丸岡町と丸岡文化財団は「日本一短い手紙コンクール 一筆啓上賞」として全国から手紙を募っています。

    短い文のなかにグッとくる言葉が綴られている日本一短い手紙です。手紙文というより詩集や短歌のように読めます。一度、お手に取って平成の名文をご覧になってみてはいかがでしょうか。


    ※一筆啓上=中世に男性の手紙の書き出しに使われていた。現代の「拝啓」と同じ意味。
    ※お仙=お仙(仙千代)とは初代丸岡藩主となった本多成重の幼名。


    越前竹人形 「日本一短い手紙」
    各¥1,000円 (税抜き)