竹を材料にして人形を作ることが得意。人形でも人形以外のインテリア雑貨でも無いというなら作ってしまおう、そんな職人たちが集まる越前竹人形の里の日常や出来事を写真を添えて書いています。

2016年9月15日

中秋の名月 竹の「月うさざ」


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
今日 9月15日は「中秋の名月」 です。お月さまはバッチリ見れるのか・・・

予報では、綺麗な名月を見ることは難しいようですね、曇りですし。昔の人は、月が見えないことを「無月」と言い、月が無くてもそれなりに楽しんだとか。

と、いうことでそれなりに楽しもうと、「ウサギ」を倉庫で探してみました。この兎は15年以上前に作ったものですが、月日の経過を感じさせません。湿度など保管状況が適切ならば、保管期間に関係なく状態を保っているのも竹細工のよいところ。

和紙ライトをお月さまに見立て、マカダミアナッツチョコレートを使って月見団子に。マシュマロバージョンも作ってみました。月見団子っぽく完成したと思うのですが、いかがでしょう。即席ですがお月見気分を楽しんでみました。みなさまにも中秋の夜を感じて頂けると幸いです。今夜、キレイなお月さまが見れるといいですね。













2016年9月5日

2017年 干支置物「酉」 今年も発売します。



こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
気になる台風12号は、熱帯低気圧に変わったようですね。台風で被害にあわれている方々をニュースで見ると胸が痛いです。別の角度から見る台風の季節は、”迷子犬”の増加。雷で驚いたワンコがパニックになり家から飛び出したきり帰ってこないそうです。台風が怖いのは人間だけじゃないんですね。

さて、来年の干支は何かご存知ですか? 


   来年 2017年 の 干支 は 「酉」 です。

「越前竹人形の里」の恒例である創作干支、今年も皆さまのご注文をお待ちいたします!
試行錯誤して完成できたところまで、現在の状況を含め画像と共にご報告です。


大量に急ピッチで製作中。今なら工房(篝カガリ)で進行中の製作風景がご覧になれます。
昨年の「申」はポーズにかなり迷いましたが、「酉」のポーズはあっさり決まりました。やはり鳥は定番と言われるポーズが観るに落ち着きます。


大きいサイズの「酉」。夫婦になっています。自立するので、飾り台に接着する必要がなく、向かい合わせたり寄り添わせてみたりと、お好きなポーズに配置、飾れます。ふくよかな尾っぽが可愛いでしょう?!


小さいサイズの「酉」。定番(年中販売している)とそんなに変わらないかな?と思ったのですが職人たちは、いや全然違うと。ちゃんと意味があってのこのポーズ、その意味はまた公式にお披露目いたします。鶏らしいゴツゴツした脚は竹の節枝を使いました。

発売は、10月1日からの予定です。限定生産のため、売切れ次第終了となります。


ところで、なぜ「鳥年」ではなく「酉年」なのか?

検索してみると、一説には「酉」は、お酒をいれる容器の形から出来た象形文字。
子丑寅卯・・・・と数えて10番目の月は酒作りの季節だから酉の字が使われたとか。なので「酉」は、お酒にまつわる漢字があてられていて例えば、「さんずい」を合わせると「酒」という漢字に。その他 「酌」 「酔」 「酢」 「酪」 「酵」 ・・なるほど、お酒に関わる漢字です。
10番目は分かったけれど、それなら「とり」じゃなくて「さけ」って発音してもいいのではと思ったのですが、そもそも十二支は漢字が先で動物は後から決まりました。十二支の漢字が読めないし覚えられないという庶民のためにイメージしやすいよう後から動物をあてがったとのこと。だから「酉」と書いて「とり」と言うそうです。





2016年8月21日

小学生の夏休み体験【竹とんぼ作り】



こんにちは。久しぶりの更新になります、越前竹人形の里スタッフです。
今日も暑いですね~が、挨拶代わりの毎日ですが3つの台風の動きが気になりますね。

日々の暑さがワクワクに変わった、賑やかなお客様がお見えになりました。
茨城県結城市の小学生たちです。結城市は福井市と友好都市締結をしており、福井に遊び?!に来てくれました。

課題は、刃物を使っての【竹とんぼ】作りです。
工程説明するときは、ケガをしないようにキリッ( ー`дー´) としますよ~刃物使用はスタッフも内心、大丈夫かなとハラハラドキドキするのです。もちろん、これは危ないなと感じた時はフォローもいたしますよ。
みんな、おふざけなしで真剣に机に向かってくれました。
課題は竹とんぼを完成させる事なのですが、本当の目的は手を切ってしまう角度や方向、力の入れ加減と削りやすい角度などを頭で理解し、体を使って覚えてもらいたいと思っていますしスタッフは、そういう場だと思っています。
二度と、こんな刃物を持つことなんかないかもしれないけれど、経験として記憶に残ると嬉しいです。
やってみて気づいた事や分かったり納得できた事、思い通りにならないもどかしさもあるはずなので、そこをヒントにまた新しい好奇心が芽生える、そんなお手伝いをさせていただけたらと思います。

短い時間でしたが、夏の思い出になりましたか?また、遊びに来てくださいね!






2016年6月27日

7月7日の七夕に使う竹。


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

7月7日は七夕の日。
ちなみに竹の日でもあるのですが、これ以上話が広がらないため余談としてお伝えしました。

さて、七夕の日は短冊にお願い事を書いたり、折り紙で星や提灯を作ったり歌を歌ったり。。。幼稚園・小学校で楽しく過ごしたのを思い出します。

この七夕行事に無いと困るもの、竹(笹)ですね。 なぜ、竹(笹)なのか?

竹は、古来より今に至るまで神事にて結界や聖域を囲うため使われる神聖な植物。
七夕は、裁縫や機織りが上手になるようにと神様に祈る日。各地の神社でその神事が行われます。七夕(=棚機(たなばた))は神事ですから、竹を使うという意味があるんですね。そして、笹に付ける飾りは神様へのお供え物だそうです。七夕の日、竹はとても重要な役割をしているのです。

近所の幼稚園の先生が七夕で使う竹を取りに来られました。

どの竹がいいか選んで
ノコギリで切りま~す。

移動中落とさないようにしっかりくくります。

出発。子供達が楽しんでくれますように。

学校や幼稚園の教育現場の行事にて竹をご利用される場合は、無償提供いたします。越前竹人形の里敷地内に生えている竹を伐採します。山へ行く事はありませんのでご安心下さい。
ただし、

    ◆訪問日時など必ず事前にご連絡された方
    ◆伐採した竹をご自身で持って帰ることができる方
    ◆幼稚園や小学校など学校教育で使用される方


以上のことをお守りください。上記内容をご理解の上、お気軽にご連絡くださいませ。
子供たちが楽しんでくれたら嬉しいことですし、竹を使って遊ぶこともなくなった今、少しでも竹に触れるきっかけが増えればいいなと思っていますのでお役に立てれば光栄です。