竹を材料にして人形を作ることが得意。人形でも人形以外のインテリア雑貨でも無いというなら作ってしまおう、そんな職人たちが集まる越前竹人形の里の日常や出来事を写真を添えて書いています。

2016年12月4日

竹は松竹梅の1つ。おめでたいお正月飾りにも!



こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

とうとう12月、毎年のことながら1年がアッという間に過ぎ去っていく。。。あ″~早いです。
みなさま、寒いので体調を崩さないようにしつつ、忙しい月をお過ごしください。


さて、越前竹人形の里にて お正月飾りが入荷 しております。
2017年数量限定の 干支「酉」 も好評につき 残り少なく なってきました。

おかげさまでご贔屓にしてくださるお客様も増え、毎年ご指名下さり大変嬉しく思います。作り続けることが出来、ほんとうに感謝です。ありがとうございます。

竹は松竹梅の1つ。めでたい植物です。
1年を通して青々としておりまっすぐに上を目指して天に伸びます。地下では茎によって互いに結ばれており、豊かに繁栄するので生命力の象徴として縁起よいと言われております。

新たな一年、年神様を歓迎されるご準備にぜひ、お役立てください。

ちなみに年末年始のお休み は 12月26日~31日まで となります。






2016年11月25日

伝統的工芸品全国大会にて展示販売中。ぜひお越しください。


こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

第33回伝統的工芸品月間国民会議全国大会福井大会が開催されました。
2016年11月25日(金)~27日(日)の3日間、全国の匠の技が大集合。
体験ブースもたくさんあって、見て買って体験して学んで食べてと充実したイベントです。



サンドーム福井にて開催。初日はあいにくの雨でした。
コートなど羽織るものがないと寒い!あ、イベント会場内は暖かいです。


2階からの様子。縦に撮影してしまい全体が伝わっていませんね(汗)、でも広いです。
1階が工芸品で2階がお菓子と休憩コーナー、屋外に福井グルメコーナーあり。
展示販売なのでウインドウショッピングの感覚で会場を歩き回れます。
全国からたくさんの工芸品、福井の全ての伝統的工芸品と郷土工芸品がありすごい規模です。
質問すると各ブースの方は情熱を込めて説明してくださるのでお声かけをしながら回ってみてください。楽しいです。色々なエピソードが聞けるかもしれません。


越前竹人形ブース。
お隣さんは、 「越前菅笠」 「越前しめ縄」 「越前竹細工」 の工芸品。
初めてお目にかかるものもあり、まだまだ郷土について勉強不足だと痛感でした。



越前竹人形のブースは、福井県指定郷土工芸品コーナー(越前箪笥や若狭瑪瑙の付近)です。
お正月向け、雛人形と端午の節句向けの人形置物を展示販売しています。
竹人形のこと、気になることや知りたいことなんでも質問してください。



入口インフォメーション近くにもさまざまな郷土工芸品と一緒に展示してあります。
ぜひ、ご覧になってください。


番外編。B級グルメのサバエドック。¥300円でした。小腹が空いたときにぴったり(笑)









2016年11月16日

伝統的工芸品月間全国大会福井開催に参加します。



こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。

11月は伝統的工芸品月間だそうです。
経済産業省が決めたことで、伝統的工芸品の魅力を国内外へ発信するために普及啓発活動を実施強化しているのが11月。今年で33回目のイベント開催になるそうです。

今年の開催地は福井県に決まり、11月25日(金)~27日(日) サンドーム福井に全国各地から伝統的工芸品が集まります。漢字ばかりの長いタイトルで堅苦しく思われるかもしれませんが(スタッフは思いました)、簡単に言うと工芸品とふれあいましょうということです。

展示販売はもちろんのこと、職人さんによる実演や製作体験もあるので、よりいっそう工芸品に興味と親しみが増すことは間違いないと思われます。現地でしか見られない工芸品もゆっくりと見ることができるチャンスです。

もちろん福井県の工芸品も一堂に勢揃い! 一気にまとめて見ることが出来ちゃいます。
ちなみに福井県の伝統的工芸品は、

◆越前漆器
◆越前和紙
◆越前打ち刃物
◆越前焼
◆越前箪笥
◆若狭塗
◆若狭めのう細工  です。

越前竹人形は、郷土工芸品なので伝統的工芸品ではないのですが、国産竹を材料にして製作する手仕事の工芸品です。たくさんの方に、越前竹人形を知って頂ける機会ですからありがたく参加させていただいてます。
入場無料です。芸術の秋、来週末はサンドーム福井へお出掛けしませんか。

【公式サイト】 第33回 伝統的工芸品月間国民会議全国大会 福井大会 (←クリック)






2016年10月12日

TV撮影です。【北陸朝日放送:アンディームジーク】

こんにちは 越前竹人形の里スタッフです。
朝晩の冷え込みを日々感じるようになり、グンッと秋が進んでおります。毎週末、福井県各地は秋祭りや花・食のイベントがたくさん!新しい秋の装いに身を包み、10月はおでかけしたくなります。

昨日、北陸朝日放送TV撮影がありました。越前竹人形を多くの方々に知って頂く、知っている方にも改めて見て頂ける、とてもありがたい事ですね。
その番組は、オーケストラ・アンサンブル金沢の演奏するクラッシック音楽とともに北陸三県の風景を紹介するというもので、「兼六園」「東尋坊」の風景や「井波彫刻」「越前打刃物」「加賀友禅」の伝統工芸を取り上げてきたとのこと。数分の放送時間ですが、事前のアポからとても丁寧に取材・撮影してくださり番組の固定ファンが多いこともうなづけます。

シラウオのような指を持つYさんの繊細な仕事ぶり、Kさんの見とれる技に注目しつつ、一部の地域ではありますがぜひご覧下さい。


【番組名 「アン ディー ムジーク」
【放送日 10月22日(土) 午後11時6分~